研究開発

光ギンテックとは

皆さまに安心・安全・快適な環境を提供するものです


物質について

アスカテックは、セラミックに貴金属を結合する特許を保有しています。
光ギンテックは、セラミックと貴金属を結合した粉末材料です。
セラミックとは、土器や陶磁器のことで、天然に存在する粘土や砂が原料です。
粘土や砂の成分を化学的な呼び方で表すと、酸化ケイ素や酸化アルミニウムなどになります。
光ギンテックに使われるセラミックは、酸化チタンという物質です。
続いて、貴金属とは、装飾品に使われるプラチナや金などを指します。
光ギンテックに使われる貴金属は、銀です。
光ギンテックとは、酸化チタン(セラミック)と銀(貴金属)を結合した粉末材料のことです。


光ギンテックの安全性

酸化チタンは、化粧品や人工骨など、人体に使われることがある物質です。
銀も、指輪や銀歯など、人体に使われる物質です。
このように、酸化チタンと銀は、人体や生活に使われる物質であり、比較的に安全性の高い物質と言われています。
酸化チタンと銀を結合した光ギンテックは、日本食品分析センターの安全性試験を実施し、抗菌製品技術協議会(SIAA)から、公的に安全性を認められています。
光ギンテックとは、安全性の高い材料のことです。


光ギンテックの効果

酸化チタンは、人体に使用される物質であると説明しましたが、光ギンテックの酸化チタンは、ニオイを分解することやバイキンを攻撃する光触媒という働きを持っています。

銀は、古来より抗菌に使われる物質で、光ギンテックの銀は、バイキンの成長を抑制する抗菌やバイキンを抗菌することにより腐敗を抑えニオイの発生を防ぐ働きを持っています。光ギンテックとは、抗菌・消臭の効果を持つ材料のことです。


サイズについて

光ギンテックは、非常に細かい粒径の粉末材料です。
ひと粒の大きさを測定すると、0.000007mmという目に見えない微細な大きさです。髪の毛1本の太さが約0.08mmなので、光ギンテックひと粒は髪の毛の約1/10000の大きさしかありません。
ここで1円玉は、重さが1グラムです。1円玉の大きさは、直径20mm厚さ1.5mmの円筒形であり、表面積を計算すると約7㎠です。
対して、光ギンテック粉末を1グラム計り取り、その表面積を測定すると、約3,000,000㎠にもなります。この広さは、テニスコート1面分に相当するほどで、光ギンテック1グラムの表面積はとても広いです。
光ギンテックは、粒径が微細で、少量でも広大な表面積で抗菌・消臭の効果が働きます。ゆえに光ギンテックとは、高い抗菌・消臭の効果を持つ粉末材料です。


光ギンテックは長寿命

光ギンテックは、陶磁器や銀の装飾品と同じく、溶けて無くなることや、水のように流れていくことはありません。

光ギンテックは、陶磁器や銀の装飾品と同じく、気体になって飛んでいくことはありません。 液体や気体と異なり、光ギンテックは、抗菌・消臭の効果が長持ちします。


光ギンテックを活かすために

光ギンテックは、被膜を形成する材料とともに水など液体中で分散した混合液になります。
この混合液は、用途に合わせて異なるもので、細かい霧で噴射したい場合や柔軟に固定したい場合など、それぞれに最適な処方で調合してあります。
この混合液をさまざまな素材や部位に施工することで、抗菌・消臭の効果が付与された素材や部位に変わります。
私たちアスカテックの強みは、皆さまのご要望に適した製品を自在に創造できる対応力と考えます。